01

池袋にて知人とお酒を飲みながら話していたら「2週間に1日だけ断食Dayを作っている」とのこと。

 

同じ酒飲みと思っていたのに、裏切られた気分の反面、興味津々。

というのも、断食には興味があったのです。

胃腸を休めたりするのに良いらしいし、単純にどんな感じなんだろう?と気になるのです。

 

また、酒飲みの部類に入るであろう自分には「休肝日」を作るのが難しい。

しかし、「断食Day」というイベントに変えてしまえば、休肝日にもなるのではないかと思っていたのです。

 

帰宅後、妻さんにその事を話すと「ならば、二泊三日で断食道場に行ってみよう!」と、いつのまにか1Dayの断食が二泊三日になっているのが気になりながらも、埼玉にある「断食道場・リフレッシュの森」に行く事になりました。


断食道場・0日目

出発前日に、タイムリーにもテレビで「断食道場・リフレッシュの森」が取り上げられたらしく、どんな所か確認することができました。

 

いきなり断食するよりかは、前日の食事も抑えておいた方が良いと思い、この日は少し落ち着いた食事に。

昼食:野菜うどん

夕食:鍋(白菜など野菜中心+鳥つみれ少々)


1日目

朝食は抜きに。早めの昼食をとる。最後の晩餐の気分で、やはり抑えめの食事に。

朝食:なし

昼食:野菜うどん

 

14:00に埼玉の本庄駅に集合。バスのお迎えが来る。3連休ということもあってか、今日からの参加所は20名弱。

前日の番組動画を見てわかっていたけど、参加者はほぼ女性。

バスに揺られること40分で「断食道場・リフレッシュの森」に到着。

IMG_3815

 

今回の参加するコースは「酵素断食コース」。

断食中は、酵素ジュースとお茶だけを飲んで過ごすコース。

 

基本的には部屋は、他の参加者と相部屋。オプションで個室もあるらしい。

同室に断食5日目(!?)の男性がいたので、話を伺う。

断食中も毎日2時間近く散歩をしているらしく、想像以上に元気そう。

 

昨年、30日間の不食で話題になった榎木孝明さんの本を貸してくれたので、読んでみる。

この人の事をあまり知らなかったけど、思想が重くなくて面白かった。

本の内容も「断食に興味があったからやってみた!」くらいのライトな思想で良い。

自分も似たような気分で来たので好感が持てる。

 

IMG_3816

この日の断食道場での食事は、減食メニュー。

うすーいお粥と具のない味噌汁。

お茶は自由に飲めるので、何杯も飲む。

 

S__5365762

食堂はいつでも出入り自由で、本を読んだりと自由に過ごしてOK。

また、リフレッシュの森では、1日に4回の講座があり、本日はヨガを受ける。


2日目

IMG_3829

朝食は、梅醤番茶。梅と生姜が少し入ったお茶。

本日もヨガを受ける。

 

食堂にはWifiが繋がっているので、MacBookを持ちこみ仕事をする。

ここでも仕事をするのは「リフレッシュ」に反しているようだけど仕方がない。

しかし、食事がないと時間を持て余すのを実感。要するに暇なのだ。

 

昼食は酵素ジュースを1杯。

写真を撮り忘れたけど、酵素が入っているジュース。味は普通。

 

お腹は空いてはいるけど、思ったほどではない。

しかし、他のコースの方や、本日帰る方の食事も食堂に並ぶので、美味しそうな匂いが羨ましい。

 

午後からは、ウォーキングで近くの温泉へ。

IMG_3826

途中、断食道場に行ってみたいと言っていた友人にLINEをすると、返事で蕎麦とビールの写真が送られてくる。

スマホを見れば、Facebookで連休中ということもあり、美味しそうな写真が流れてくる。

「帰ったらこれを食べてやる!」と決意する。

 

温泉で入浴後、妙に眠い。これは断食の影響なのかな?

温泉から帰ってきても、少し眠い。

食堂でMacBookを開くも、あまり集中できない。

 

夕食も昼と同じで酵素ジュースを1杯。

その後、夜は自己整体講座を受ける。

自分で自分に整体を施すという内容で面白い。

 

夜は、10:30消灯。

この日の食事

朝食:梅醤番茶

昼食:酵素ジュース

夕食:酵素ジュース

合間にお茶を8杯くらい。


三日目

IMG_3828

早朝も講座はあるので、昨日と同じ自己整体を受ける。

 

IMG_3834

リラックスの森の玄関には、なぜかブタのイブがいて、餌をやることが可能。

このブタは太ることへの戒めと、自分の代わりに食べてもらい、満足感を味わう投影の意図があるのだろうか。

 

IMG_3820

この日は最終日なので、朝食は梅醤番茶

酵素ジュースにはない、わずかに入った梅干しの固形物に喜びを覚える。

 

IMG_3830

一人で案内されてたウォーキングコースを歩く。思ってたより、山道できつい。

僕は山登りとか好きな方なのにすぐ疲れる。やはり体力は落ちているみたい。

 

そして、リラックスの森で最後の食事。

IMG_3832 

回復食なので、お粥と味噌汁。普通の食事?に素直に嬉しい。

帰宅後も、今日までは回復食にしないといけないらしい。

基本ルールは「断食日数 = 回復食の日数」にしないといけないらしい。

 

夕食用に、オニギリとお土産の酵素ジュースをもらう。

断食中より、回復食の方が、食欲がそそられて辛いかも。


断食道場の感想

断食道場にはダイエットが目的というわけではなかったけど、気になる体重は -1.5kg でした。

 

断食中ですが、空腹は思ってたより辛くなかったです。ただし、食欲(○○○を食べたいなぁという思い)は、頭をよぎります。

 

二泊三日という短い期間ですが自分の感覚や、断食中の方の話を聞いたりして思ったのは、「人は食べなくても(ある程度の期間中は)元気に過ごせる。」ということです。

しかし、それはあくまでも平穏な状況の場合です。

 

肉体的なストレス(運動のような体を酷使する状況)や、精神的なストレス(過労なども含む)といった状況では、体力は奪われて、倒れてしまうと思います。

要は「意識と身体は、別々ではなく、一体なのだ」と思いました。

…断食道場では、時間もあるので色々と考えますよね。

 

僕は断食を奨励するわけではありませんが、興味本位で体験するのは有りかなと思いました。

また、体の調子はかなり良いです。心身ともにリフレッシュにはなると思います。

 

これからも胃腸を休める意味で、月1回くらいで断食Dayを作ろうかなと思いましたし、また来年の年明けなどに、「正月太り対策」の意味も込めて断食道場に来ようかなと思いました。

 

https://danjikidiet.com/

断食道場・リフレッシュの森