01

詩を朗読する形態の音楽に「ポエトリーリーディング」というものがあります。ラップと近い要素があるので、混ぜた感じで「ポエトリーリーディングラップ」とか言ったりもするそうです。

 

このポエトリーリーディングのジャンルで期待されていた「不可思議/wonderboy」というアーティストがいます。

谷川俊太郎の詩や、バンドの相対性理論の曲でポエトリーリーディングにしたりと勢力的に活動をしていました。

 

なぜ「期待されていた」という表現なのかというと、2011年6月23日に不慮の事故により24才で急逝してしまいました。それは、同年5月4日に1stアルバム「ラブリー・ラビリンス」を発売した直後でした。

 

亡くなった後ですが、その楽曲はYoutubeを中心に注目を浴びています。

そして、ついに「不可思議/wonderboy」のドキュメンタリー映画の公開が始まりました。


Living Behavior 不可思議/wonderboy 人生の記録

この映画のタイトルは「Living Behavior 不可思議/wonderboy 人生の記録」です。

監督は、PerfumeやサカナクションのPVを長く手がける「関和亮」の初の映画となります。

 

不可思議/wonderboy の映像は少ないので、どんな感じになっているか非常に楽しみです。

とはいえ、マイナーなジャンルなので上映場所は少ないです。

東京は4箇所で4日間。残りは、愛知、大阪、宮城、山口、福岡で1箇所ずつです。

でも、完売もでてきているようですね。

ちなみに、僕は5月の下北沢上映を予約しています。


不可思議/wonderboyの音楽たち

不可思議/wonderboyの曲は、そんな多くはないのですがいくつかご紹介。

 

生きる

谷川俊太郎の作品である「生きる」という詩をポエトリーラップにアレンジ­した曲。僕もこの曲で知りました。

谷川俊太郎も公認で曲となっています。

 

世界征服やめた

バンド・相対性理論の「バーモント・キッス」の曲をサンプリングしてポエトリーラップした曲。YoutubeにアップされてるLIVEのものも熱くてオススメです。

 

Pellicule

自分の現在や将来を歌った曲。もう亡くなっていると思うと凄く悲しくなります。


 不可思議/wonderboyの音源作品は、ミニアルバム1枚。アルバム1枚。remixしたベスト的なアルバム1枚だけと少ない作品しかありません。

また、Youtubeにアップされている路上やLIVEでの映像があるくらいです。

しかし、どれも良いので、もし良かったら聞いてみてください。

 

個人的には、少年性が残った声が凄くいいんですよね。

曲を聞いていると、まだ亡くなっていなくて、新しい作品が発表されるような気がします。せつない。

 

Living Behavior 不可思議/wonderboy 人生の記録 


今度、ポエトリーリーディングのまとめ記事を書こう…